ニシノコンサルを見てTwitter運用について考えてみた

ニシノコンサル コミュニケーション
スポンサーリンク
マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】
マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】

アベマTVの株式会社ニシノコンサルの初回動画視聴しました。

 

この番組はキングコング西野亮廣さんとSHOWROOM前田裕二さんがゲスト(依頼者)の悩みを解決するという番組です。

アベマTV SPECIALチャンネル〈毎週金曜夜9時〉放送されています。

 

ぼくはリアルタイムで見れなかったので、というか見たかったのに完全に忘れてました…。

アベマTVの素晴らしいところは見逃しても最新話を無料で視聴出来るのです‼

有料会員になれば、いつでも見れるらしいです。

 

まず、ぼくの感想は一言でいうと

 

めっちゃ有益‼

 

ただただ勉強になるし、アベマTVさん独特のガチンコでやってる感じがすごく好きです。

初回放送は

 

という内容でした。

ご覧のとおり番組内でまとめた議事録をツイッターで公開してくれるという

太っ腹ぶりです。

番組内で議事録も同時進行していくのですが、

松本有紗さんの有能っぷりが光っています。

 

さて今回の記事は

番組内容については議事録みれば丸わかりなので

この放送をみて

ぼくはどうしていけばいいのかを考察していきます。

自分本位の記事です。

そっ閉じしてくれて構いません。…悲しいですが…そっとね。

ツイッターのフォロワーが激減する

番組内でいうとお客さんが10人がMisakiさんの元々のファンで新しいファンが増えないってところですね。

 

ぼくの場合は

ツイッターのフォロワーさんが少しづつ増えるが突如激減する

っというのが多発してます。

フォロワー125人まで増えたと喜んだ翌日には117人みたいなことです。

 

なんか変なことつぶやいたかなー

とか

うざかったかなー

と心を痛めています。

さて、どうしていくか?

ニシノコンサルではまずファンをつくるには

 

つい他の人にいいたくなるような要素を作らないとダメ‼

 

っということで

ツイッタープロフィールを変更してみた。

ツイッタープロフィール

 

ポイントは…

 

「共感と落差」

 

共感は「既婚・2人の娘のパパ・持ち家ローン残32年」

落差は「嫁あり子持ちなのにLGBT団体メンバー」ところとしました。

 

 

以前、クレメアさんにコンサル頂いてストーリー性のあるプロフィールがいいと

変更したのですが、コンサル内で紹介頂いたプロフィールをパクリ気味で作ってしまった感があり

すこし悩んでいた部分もあったので清々しく変更しました。

愚策ならすいません。

 

クレメアさんのコンサル能力の高さに今回改めてビックリしました。

まったく同じ内容の話をぼくにしてくれてました。

ぼくが上手く消化しきれてなく、改めて変更した次第です。

 

変更前はこちらでした↓↓

目標としては変わらないので、裏テーマとして頑張ります‼

 

余白が大事

番組ではDJダイノジさんのライブパフォーマンスのダンサーのクオリティが低いが、見ているお客さんが自分の方が踊れると皆が踊りだし、大盛り上がりするという内容でした。

カッコ良くみせたり、いいクオリティのものを見せればいいというものではないようです。

 

ぼくの場合、

ツイッターでカッコつけようと必死に頑張ってました。

なんかカッコ悪いですね…。

プライドを捨てて、さらけ出したほうがいいですね。

確かに

ZOZOの田畑さんも

「パンツ脱げ」

っていってますよね。

そういうことなんですかー。

カッコつけるの卒業します。

 

誰かの代弁者になる

自分のポジションをしっかりしろっという話ですね。

ここは共感されるポイントが生きてくるところですね。

 

ぼくの場合は…

・嫁あり…≪共働き≫

・2人の娘のパパ…≪子育てパパ≫

・持ち家ローン残32年…≪反賃貸派≫≪多額の借金≫

・LGBT団体メンバー…≪LGBTの方々と興味のある人≫

ということになるので

この立場にある人の代弁者となればいいんですね‼

 

よし!ツイートするぞー‼

まとめ

初回のニシノコンサルを見ただけでツイッターの運用の仕方がわかるということでした。

見方を変えるだけで、ダンスアイドルユニットのアドバイスもいろいろなことに役立てることができるのです。

 

今回の記事に書いたことをするかしないかはぼく次第ですが

ここまで読んでいただいた方も自分の事に当てはめると

なにか変えていけるかもしれません。

一歩踏み出すのは自分次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント