サマータイム導入のメリット、デメリットとは?

生活
スポンサーリンク
マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】
マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】

こんにちは~

glitterのみかみです。

 

2020年の東京オリンピック開催に向けて暑さ対策の一環として「サマータイム」導入の検討指示を安倍総理が指示したと話題になっております。

実際サマータイムってどういうものなの?

メリット、デメリットについて書いていきます。

サマータイムとは

「晴天と積乱雲と電柱晴天と積乱雲と電柱」のフリー写真素材を拡大

夏の期間にかぎり、太陽のでている時間を有効的に使うために標準時計より1時間進める方法です。アメリカではDaylight Saving Time(デイライト セービング タイム)と呼ばれています。太陽のでている間に活動して電気を節約しようという意味です。

今回、日本が導入しようとしている目的は2020年の東京オリンピックに日中の暑い時間に競技をすることを避けようとすることでしょう。

 

それだったら単純に朝早く競技をするだけでいいじゃん。

 

ぼくもそう思ったのですが、考えてみると東京オリンピックには大勢の選手、観光客が東京に集まるわけですから、普段からホテルを予約しにくい東京がさらにパンパンになってしまいます。そうなると、東京近郊の都市のホテルに滞在することになるでしょう。

単純に競技を朝早くしてしまうと、公共交通機関利用して移動すると競技に間に合わない可能性があります。テレビの視聴率も落ちてしまうでしょう。だったら社会を活動する時間をまるまる2時間ズラしてしまえば万事解決だっということです。

 

NHKがした8月世論調査(サマータイム導入について)

・賛成        51%

・反対        12%

・どちらとも言えない 29%

 

っという結果がでました。

みなさんはどう思うでしょうか?

 

メリットについて

「勝利を確信する男性勝利を確信する男性」[モデル:カルロス]のフリー写真素材を拡大

①照明の電力消費が抑えられる

サマータイムのはじまりに強制的に時間を早めるので、早めた時間分の照明の電力消費が抑えられる。

あと午前中のほうが比較的涼しいので、エアコン等の消費電力も抑えられます。

 

②アフター5が楽しめる

日が伸びることにより、仕事終わってから過ごせる時間が長くなるためアフター5を楽しめる。

日本では日の入り時間は地域によって違うのですが、夏場だと20時ぐらいですかね。

オーストラリアのメルボルンは21時ぐらいまで明るいのでサマータイム導入の意味も大きいでしょう。

 

③みんながお金を使う

②でアフター5の時間が長くなることで、飲みに行ったり、習い事をしたりすることができる。

みんながお金を使い、経済が活性化する。

 

デメリット

「口を抑えて絶望するドイツ人ハーフ口を抑えて絶望するドイツ人ハーフ」[モデル:Max_Ezaki]のフリー写真素材を拡大

①システムのバグ

公共、企業などのすべてのシステムの時間を変更する必要がある。

通常時間でシステムの時間を変更することでバグがおこる可能性がある。

すぐにバグが発生しなくても、歪みができ後にバグとして発生する可能性がある。

システムエンジニアは変更するにあたって膨大な時間をかけて対策する必要がある。

 

②長時間労働の温床になる

普段から残業している人は、さらに長い時間のスーパー長時間労働になってしまい、なんの罰ゲームかわからなくなってしまう。

 

③体内時計に悪影響

今まで慣れ親しんだ時間感覚が、ある時を境に2時間早くなりますっとなると体内時計に悪影響が出てきてもおかしくありません。

時差ボケのような感覚が日本にいながら味わうことになりそうです。

欧州では注意不足や睡眠不足により事故が増えたというデータもあるようです。

 

まとめ

「公園の柵と真夏空公園の柵と真夏空」のフリー写真素材を拡大

メリット、デメリットを書いてきたのですが

メリットの部分がデメリットになっていたりするので

やってみてどっちに転ぶか賭けの要素が多いように感じました。

欧州ではサマータイムはデメリットしかないから廃止の方向で動き始めていると

ニュースでやっていたりするので

個人的にはやらないほうがいいのかなぁっと思っています。

賛成派のかたの意見を聞いてみたいところです。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

コメント