英語のテストで40点ぐらいのぼくでも留学すれば英語ってしゃべれるようになるの?

生活
スポンサーリンク
マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】
マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】

こんにちは~

glitterのみかみです。

 

ぼくは語学留学でオーストラリア(ブリスベン)に1年間滞在してました。

 

語学留学を志す人は、大抵、それなりに英語を勉強してきて、もっと勉強したいってかたがほとんどだと思います。実際にたくさんの大学生(日本人含む)が短期留学でぼくが通っていた語学学校に来てました。

 

ぼくは音楽の専門学校卒【※お金を出せば誰でも入れる】で、英語の歌が好きになり、憧れの先輩も留学してるし、ぼくもいきたい!!って将来の目標などの設定もなく、まぁまぁ頭の悪いノリで決めました!ある意味行動おばけだったのかもしれません。

 

結果だけお伝えすると、そんなぼくでも

 

英語をしゃべれるようになりました。

 

ぼくが感じた、

 

英語のテストが40点ぐらいだったぼくが英語をしゃべれるようになったキッカケをお話しします。

 

留学資金は自己資金!

「100万円(偽札)の札束が6段100万円(偽札)の札束が6段」のフリー写真素材を拡大

まず英語をしゃべれるようななったキッカケの1つが自己資金です。

 

まぁ親に出してもらうより気合いの入り方が違います。※個人差もちろんあります。

 

ぼくは、専門学校在学中含め、アルバイトで3年間で300万貯めて1年間留学しました。

 

もちろんその期間中は絶賛親のすねかじりをしていたので、生活費は必要なく、毎月10万円づつ貯金してました。

 

親には迷惑かけますが、お金を貯めるにはすねかじりが1番早いです。

 

和歌山でのアルバイトなので時給800円で月に13~4万円ぐらいの稼ぎでした。

 

都会だったらもっと時給いいですかね?

 

英語力なさすぎて、日本人ゼロのクラスに

「「0(ゼロ)」の数字(人文字)「0(ゼロ)」の数字(人文字)」のフリー写真素材を拡大

狙ってできるものでもないですが、幸いのことに日本人ゼロのクラスになりました。

 

ぼくの行っていた語学学校(The University of Queensland at ICTE)は入学時にライティング、文法問題、リスニング、スピーキングのテストがあり、その結果に応じてレベル1~6に分けられます。

 

なんと…

 

ぼくは…

 

レベル2でした。※大体の日本人レベル3~4

 

正直、テスト全然わかりませんでしたし、ライティングはひたすら自分の知ってる英語の歌詞を書きました。多分スペルもボロボロだったと思います。

 

その結果、ぼくのクラスメイトは

 

「日本1人(ぼく) 台湾1人 フランス1人 イラン1人 サウジアラビア11人」

 

という構成になりました。

 

イラン人とサウジアラビア人はレベル1から上がってきた猛者たちでした。

 

彼らはレベル1で勉強してきた分、ぼくの英語力を遥かに凌ぐ力をもっていました。※レベル1

はABCから学ぶそうです。

 

そんな中、日本語で話す機会なく英語に集中できました。

 

文法は英語で勉強するべし

 

「居残り補習をする女子高生居残り補習をする女子高生」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

正直、ぼくは国語力もないです。

 

日本の学校での英語の授業は日本語もむずかしくてわかりませんでした。

 

形容詞ってなに?過去分詞ってなに??

 

って感じでした。

 

日本語がむずかしいと本当にココロが折れてしまいます。

 

 

でも英語だと

 

adjective とか past participle と言われれば英語がもともとわからないので深く考えるとこもなく

 

こういうものなんだ!

 

と素直に受け入れることができるのです。

 

日本の学校で教える英語はそうとうな日本語能力がないと

 

日本語がわからないという落とし穴に落ちて

 

イコール英語がわからないってなっちゃうんですね。

 

文法はなにより大事

「部長「うんうん 君の言いたいことはわかるよ」部長「うんうん 君の言いたいことはわかるよ」」[モデル:よたか]のフリー写真素材を拡大

文法はルールなのですごく大事です。

 

ルールがわからないと、英語という競技をプレーできません。

 

レベル2では現在形と過去形のみの授業でした。さすがのぼくもその辺はなんとか把握してました。

 

徹底的に授業で習った文法で自分の文を作り、リスニングし、会話するを繰り返す授業でした。書く、聴く、話すが語学を勉強する上では重要になります。基本ですね。みんな20歳を超えてるのに小学校低学年みたいにはしゃぎながらしてました。しゃべれる言葉も少ないですし、つたなかったです。

 

現在形と過去形しか知らなかったぼくが未来形を知り驚き、過去分詞を知ったときには愕然としました。

 

未来形、過去分詞しゃべれたら、今まで言えなかったことが伝えられるやん!!

 

文法は勉強した時の驚きや今までまどろこっしくしゃべっていたことがウソみたいに表現できるようになるんです。

 

本当にびっくりしましたし、驚きました。

 

文法は先々勉強するのじゃなく、簡単なものから使い続けると「もっとこんなことを伝えたいという壁」が訪れます。そこで文法を学ぶと壁を粉々に壊してくれます。そうして学んだ文法は忘れないですし、世界が広げてくれます。

 

まとめ

・日本人がいない環境が大事※日本語を話さない環境

・英語は日本語が難しい。

・文法は大事

留学して3か月ほどたつと英語が自然に話せるようになります。

 

もちろんしっかり勉強する必要があります。

 

こんなアホなぼくにでも最後はレベル5のビジネスクラスまでいけたので、あなたなら確実にもっと上を狙えます。

 

最後まで読んでいただきまして

ありがとうございます。

 

 

 

 

コメント

  1. […] […]