仕事の意味、目的ってなに?~4つに分類して考察~

生活
スポンサーリンク
マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】
マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】

こんにちは~

glitterのみかみです。

 

みなさん、働いてますか?

 

最近は働くって意味も大きく変わってきています。会社に勤めるというのが従来の考えかただったのがインターネットや法人化のハードルが下がったことにより行動力ある人がどんどん、自分のやりたいことで稼いでます。

 

そんな人は横目にぼくはガッツリ会社に雇われています。もちろんそれが悪いことだとは思いません。

 

「働く意味、目的ってなに?」ってことを考察していきたいと思います。

お金を得るため

「どう見ても、1万円札の束のように見えるどう見ても、1万円札の束のように見える」のフリー写真素材を拡大

大半のひとは、働く意味、目的は

 

働く = お金

 

となるんじゃないでしょうか?

 

もちろん、そうですよね。

 

ぼくもそうです。

 

お金がないと生きていけないですよね。お金がなくて困ることはあるでしょうが、お金が余って困るなんてことはないんじゃないでしょうか?

 

えっ税金対策に困るって?

 

それはお金をいかに自分の懐に残るようにするか、困っているだけでお金が余っているから、困ってるわけじゃないですよね。

 

お金をいただけるから、家のローンを払って、ごはんを食べて、ゴロゴロして、ゆっくり寝て、次の日にまた出社できるんですよね。

 

サウザーさんがvoicyで言ってました

 

「サラリーとは次に日にまた元気に会社に出社してもらう為のもの」

 

だそうです。

 

どういう意味かというと

給料は仕事したことによる対価ではないということです。会社としては、明日も元気に会社に来てくれればそんなに多くの給料を払う必要はないんですね。

 

だから給料増えへんのやっ!

 

と納得しました。

 

ぼくの場合は僕自身の能力にも関わっているかもですが(笑)

 

社会の一員として務めを果たすため

「柵越しの国会議事堂柵越しの国会議事堂」のフリー写真素材を拡大

次はきちんと働いて納税しましょうってことですね。

 

社会人たるもの、どんどん稼いで、どんどん税金払って、どんどんお金使って経済を回しましょう!ぼくは毎月のこづかいが1万円なので、使える限界があるので、みなさんお願いします。

 

自分の仕事に誇りを持ち、顧客や地域、日本に貢献していると自覚を持ち、社会の一員として務めを果たしているという気持ちが大切なんです。

 

たぶん…。

 

ぼくはこういう意識が薄いので、持っているみなさんを尊敬します。

 

自分の能力を発揮するため

「ファーマシストエナジーを高ぶらせる薬剤師少女ファーマシストエナジーを高ぶらせる薬剤師少女」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

ぼくの能力を仕事で発揮して、仕事を成功に導き、褒められたい。

 

褒められたいって欲求はやはり重要ですよね。

 

作家デール・カーネギーの自己の重要感は、人の欲求として大きいものだと言っています。さらに新しい能力を身に付けていくというのも仕事をする上で大きな醍醐味ですね。出来なかったことが出来るようになるっていうのは、いくつになってもうれしいものです。

 

生きがいをみつけるため

「試合絶対に勝ってね!試合絶対に勝ってね!」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

生きるうちの大半を仕事と睡眠に費やしているわけですから

 

生きる = 仕事

 

といっても過言じゃないですよね。

 

個人的には

 

生きる = 遊び

 

って思いたいんですが、なかなか現実難しいです。

 

だから

 

仕事 = 遊び

 

って考えるようにします。

 

遊びでも真剣にやってたらしんどいことも、つらいこともありますもんね。

 

まとめ

「大雲海と富士山大雲海と富士山」のフリー写真素材を拡大

①お金大事 ※小遣い1万

②税金納めよう

③褒められよう ※褒めるのもいい

④仕事=遊び

今回、この記事を書くことによって

 

ぼくが仕事に対してどう思っているのかが浮き彫りになりました。仕事はつらいものだ、がんばれ!!ってよく聞くんですが人生の大半仕事するんですから、もったいないですよね。

 

せめてもっと面白がりましょう!

 

仕事 = 遊びです。

 

会社がつぶれても、死ぬわけじゃないです。つぶれて困るのは、従業員じゃなく、雇用主です。気楽にいきましょう!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

コメント